FC2ブログ

三好晃子のお琴・三味線 教室案内&ブログ

京都市*四条烏丸 のお琴・三弦の教室案内

母校の同窓会会報誌に載りました^^

母校 ノートルダム女学院の同窓会会報誌の中の同窓生はいま・・のコーナーに掲載していただきました。

pageda_20100531130840.jpg

掲載文はこちらです。

私は「伝統を伝える」という仕事をしています。伝統にも色々ありますが、私の場合は「日本伝統音楽・箏曲・地歌三弦」という部門になります。5歳から祖母に習いはじめた「箏曲・三弦」、学生時代はお稽古がとにかく嫌で、月三回のお稽古をどうしたら休めるかと通学バスでいつも考えていました。練習は嫌いでしたが一度も止めたいと思ったことはありませんでした。祖母→父、次は私・・・という使命感が子供心にあったのだと思います。女学院を卒業後、すぐに師匠試験に合格し名取となり、お弟子さんの育成と演奏活動をはじめました。名取り=社会人1年生だよと父に言われ、この世界の師匠である父の側について、自分の実力では成し遂げられない大きな舞台も助演の方に助けられながら修め、この世界の行儀を教わりました。この仕事をしていたからこそ、外務省の要請で普通では行けない場所(中近東等)において、どんな条件でも演奏しなければならないことも経験しました。それから18年が経ち今現在、まだまだ修行中ですが、私のお弟子さんから師匠が誕生し、また少し遊びの部分ではフルート奏者の方と組み、幅広い層の方に癒しの音楽を聞いて頂いています。母校であるノートルダム小学校では、お琴クラブの講師としてお声をかけて頂き毎週教えにいっています。日本伝統楽器が洋楽器の影に隠れつつあるこの時代に、若い世代に奥の深い伝統音楽を伝えていけるということは幸せなことです。10年20年30年後も変わらず子供達に教え伝え続けられていること・・・ これが今の私の夢であり希望でもあります。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

プロフィール

三好晃子

Author:三好晃子
はじめまして。ブログにお越しいただき有難うございます。3歳の頃からお琴を触りはじめ、ずっとお琴・三味線だけは、やめることなく続けています。楽しいとき、辛いとき、嬉しいとき、悲しいとき、どんな時も楽器は私の側にいてくれました。楽器を弾けば、日々のバタバタを忘れ文化・歴史の世界に入りこめます。自分を別の空間に持っていけるような感じです(笑)多くの方に、伝統楽器の素晴らしい音色を近くに感じて貰いたいと思っています。お教室では、初心者の方~経験者の方まで、お気軽にお問い合せください。楽しくアットホームな教室でスタイルに合わせ色々なコースの設定が有ります。無料体験・見学も可能です。右のカテゴリーの中に私の芸歴、お教室詳細などリンクページがございますのでご覧くださいませ。お会い出来る事楽しみにしています。

また、演奏活動も国内外で経験が多数あります。学校公演・施設演奏なども積極的に行っていますのでどうぞお気軽にお問い合せくださいませ。


miyoshiakiko@kyoto.zaq.jp

人気ブログランキングへ

メールフォーム

どんなことでもメッセージお待ちしております。必ずお返事させていただきます。miyoshiakiko@kyoto.zaq.jp に直接メッセージ頂くことも可能です。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事
アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
4696位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
楽器
310位
アクセスランキングを見る>>